2013年09月 のアーカイブ

2013年9月11日 10時23分26秒 (Wed)

大好きなサッカーを大切にできるように

久しぶりの投稿になります。

まずは、一つ質問です。

目の前には釣竿と餌があります。
みなさんは

1.子供のために魚を釣ってあげますか?
2.子供に釣り方を教えて、自分で釣りをできるようにしてあげますか?

どちらでしょうか?

 暑い夏もひと段落して、秋となりだんだんサッカーするにはとても良い季節になりました。今年は火曜日は3年生担当をさせていただいております。

 火曜日のTRはW-UP→ドリル→テーマ→『火曜日リーグ』という流れで行っています。

『火曜日リーグ』というリーグ戦の仕組みは、ポイントでチームが毎回決まります。ポイントは、勝ち点+得点で計算されます。

勝ち点は、
勝ち 10ポイント
引き分け 5ポイント
負け 0ポイント
で計算されます。総当たりで戦います。ということでチームも毎回変化します。その日の仲間と協力して勝利を目指すわけですね。

リーグ戦の内容を選手も理解し始めて、かなりの盛り上がりを見せております。時間があれば一度、観戦にいらしてください。

さて、そんな中で気づいたことがあったので今回は投稿させていただきました。いろいろな目的でサッカーをしている学年だとは思います。

・サッカーがうまくなりたい
・サッカーが好きだから
・体を動かしたいから
・親が行きなさいというから

他にもあるでしょう。

ただ、サッカークラブでサッカーをするということはどういうことか?これを考えてもらいたいなと思います。昨日は、『ボールの空気』が入っていない選手がすごい多かったです。べこべこのボールでサッカーがうまくなるでしょうか?試合でそんなボールは使用しませんよね。ただ、空気を入れるようにお願いしているわけではありません。また、昨日は空気を入れてあげましたが本来はチームの仕事ではありません。大好きなサッカーを楽しむために自分で行うべきことだと思います。サッカーをするというのはグラウンドでボールを蹴るだけではないと思うんですよね。

サッカーするというのは、

・用具、着替え、飲み物や補食の準備
・ゴールやコートづくり
・サッカーする
・片づけする
・洗濯する
・サッカーノートを書く

他にもあるかもしれませんが…


そこで上の質問です。

やってあげるのか?
自分でやれるように導いてあげるのか?

ここがすごく大切だと思います。自分でできることを自分でやれるようになるとだんだん『こだわり』が出てくるし興味がわいてくると思います。それをやってもらってしまうと『当たり前』になり、感謝の気持ちもなくなってしまうし感性が鈍くなってしまうと思います。

サッカーの特性はグラウンドの中では自分で判断して決断していかなければならないスポーツというところにあります。また、チームのために気づき、行動を起こせるようになるとさらに楽しくなります。普段の生活からサッカーがうまくなるための行動を取れる選手になってもらいたいと思いますし、またサッカーを通して学んでもらいたいと思っています。

東川口FCは、サッカーのレベルアップはもちろんのこと、サッカーを通して『自立』した選手を育成していきたいと考えています。そのためには、チーム、家庭の連携は必須です。力を合わせて育成していければと思います。

チームでは『自立』にむけた働きかけを行っていきますのでみなさんもご協力お願いいたします。

まずは、サッカーを大好きな選手に!!
次には、一つ一つこだわれる選手になってもらいたいです。