ブログ

2014年3月3日 14時38分46秒 (Mon)

良い選手から素晴らしい選手へ

3月1、2日とチームにはお休みをいただき、指導者研修会に参加してきました。


その研修会は今回泊まりで開催されました。内容は、講義@(国体プロジェクトに関して)、実技(パス&コントロー ル、中盤のポゼッション、チャレンジ&カバー、アタッキングサードの崩し)、講義(アカデミーに関して)、懇親会、指導実践という内容でした。

講義@は、東川口FCの今後の活動にも生かしていきたいです。ビジョンの共有とそれを達成するためのプロジェクトをしっかりと具体性をもって意識的に取り組みを積み重ねていくことが大切だという内容でした。それをどこまで具体的にして積み重ねられるかということが重要になります。このチームをさらに魅力のあるクラブにしていくために頑張ります。また、そこで選手に求めたられたものを書かせていただきます。

・伝える力
・チームのために動ける選手
・すべてのポジションで決定力
・決定力と保持率のバランス
・1対1に絶対的に守れる
・リスタートキッカー
・明るさ まじめさ
・リーダーシップ

みんなは、いくつ自信を持てますか?
上のカテゴリーに行くとこういうことを求められますよ。
普段の生活に自主性が大切だということですね。自分で気づいて、周りに気配りできる選手は自然とできそうな内容がいくつもありますね。


実技に関しては2月は特に意識して体を動かしていたのでなかなか良いプレーができました。あ、サッカー協会の実技は選手役として参加者が務めることが通例なんですね。身をもって体験して身に付けようということです。

講義Aは、アカデミーのデュソーさんというアカデミーを立ち上げた方が日本に伝えたことに関してでした。やはり、基本の積み重ねができていない。基本の積み重ねが大切だという内容でした。サッカーは進化していてもその基本の部分をもっともっとやらなければならないということです。やはり、プレーすることが大切だということですね。また、選手が成長するために指導者がもっともっとレベルアップしなければならないという話もありました。選手ができないのはこちら側に問題があることが多いと思います。

最後に指導実践ですが、これは一人ひとりにテーマを与えられて実際に指導をしてインストラクターの方やほかの受講生の方々に評価してもらうというものです。昨年のインストラクターの言葉を借りれば

『まな板の鯉になってぶった切られる』

そのまな板の鯉になりにいきましたが、思ったようにできずに見事にぶった切られてきました。やはり、忙しさを言い訳にしっかりと向き合えなかったのが最大の原因だと思います。だけど、やるもやらぬも自分次第ということで誰が悪いわけではなく自分の責任です。選手に厳しいことを言っておきながら、本当に反省です。

とにかく、気持ちやサッカーへの姿勢などリフレッシュされてモチベーションアップして帰ってきました。早速、本日のゲームデーから頑張りたいと思います。

最後にこの講習でいただいた素晴らしい言葉をいくつか紹介させていただきます。

・プレーだけでなく、人間性も含めて自分自身をあらゆる面から磨ける選手に!!

・カンテラ(スペインでの育成チームの総称)はすべてであり、未来そのもの

・簡単なことを完璧にやる忍耐力の持ち主だけがいつも困難なことを軽々とこなす

一人ひとりやるべきことが見えてきませんか?
失敗を恐れずに、自分で考えトライしていきましょう!!

2013年12月16日 3時57分28秒 (Mon)

ありがとうございました。

4月から続いてきた4種リーグも一区切りしました。
埼玉県ベスト8。
本当にがんばりました。

ラスト5分。
本当に魔の時間ですね。

新人戦の江南南。
全少の浦和レッズ。
そして、今回。

本当にサッカーとは難しいものだと痛感しました。
『勝負の神は細部に宿る』
ということですね。この大会はそういうディテールが勝敗を分ける厳しい
大会でしたね。

ただ、今回は負けではなく引き分けだったことを考えると
みんなの成長だったのかもしれません。

もっともっとサッカーを大切に、
もっともっと自分の夢を大切に、
もっともっと仲間を大切に、
もっともっと感謝の気持ちをもって、
東川口FCの一員としてプライドを持てるような選手、チーム作り
をしていきたいと思います。

ぶれない、超越できる、自分で切り開いていく力を持った選手、
チームを作り上げたいと強く思いました。

ここまで、支えてくださった保護者のみなさま本当にありがとうございました。
ここまで、一緒に成長させてくれた選手のみんなありがとうございました。
たくさんの東川口FCファミリーの方々、温かくも熱い応援ありがとうございました。

また、次の目標に向かって頑張っていきましょう。
今後ともご理解ご協力お願いいたします。
東川口FCファミリーの絆をもっともっと強くできるように頑張ります。


2013年9月11日 10時23分26秒 (Wed)

大好きなサッカーを大切にできるように

久しぶりの投稿になります。

まずは、一つ質問です。

目の前には釣竿と餌があります。
みなさんは

1.子供のために魚を釣ってあげますか?
2.子供に釣り方を教えて、自分で釣りをできるようにしてあげますか?

どちらでしょうか?

 暑い夏もひと段落して、秋となりだんだんサッカーするにはとても良い季節になりました。今年は火曜日は3年生担当をさせていただいております。

 火曜日のTRはW-UP→ドリル→テーマ→『火曜日リーグ』という流れで行っています。

『火曜日リーグ』というリーグ戦の仕組みは、ポイントでチームが毎回決まります。ポイントは、勝ち点+得点で計算されます。

勝ち点は、
勝ち 10ポイント
引き分け 5ポイント
負け 0ポイント
で計算されます。総当たりで戦います。ということでチームも毎回変化します。その日の仲間と協力して勝利を目指すわけですね。

リーグ戦の内容を選手も理解し始めて、かなりの盛り上がりを見せております。時間があれば一度、観戦にいらしてください。

さて、そんな中で気づいたことがあったので今回は投稿させていただきました。いろいろな目的でサッカーをしている学年だとは思います。

・サッカーがうまくなりたい
・サッカーが好きだから
・体を動かしたいから
・親が行きなさいというから

他にもあるでしょう。

ただ、サッカークラブでサッカーをするということはどういうことか?これを考えてもらいたいなと思います。昨日は、『ボールの空気』が入っていない選手がすごい多かったです。べこべこのボールでサッカーがうまくなるでしょうか?試合でそんなボールは使用しませんよね。ただ、空気を入れるようにお願いしているわけではありません。また、昨日は空気を入れてあげましたが本来はチームの仕事ではありません。大好きなサッカーを楽しむために自分で行うべきことだと思います。サッカーをするというのはグラウンドでボールを蹴るだけではないと思うんですよね。

サッカーするというのは、

・用具、着替え、飲み物や補食の準備
・ゴールやコートづくり
・サッカーする
・片づけする
・洗濯する
・サッカーノートを書く

他にもあるかもしれませんが…


そこで上の質問です。

やってあげるのか?
自分でやれるように導いてあげるのか?

ここがすごく大切だと思います。自分でできることを自分でやれるようになるとだんだん『こだわり』が出てくるし興味がわいてくると思います。それをやってもらってしまうと『当たり前』になり、感謝の気持ちもなくなってしまうし感性が鈍くなってしまうと思います。

サッカーの特性はグラウンドの中では自分で判断して決断していかなければならないスポーツというところにあります。また、チームのために気づき、行動を起こせるようになるとさらに楽しくなります。普段の生活からサッカーがうまくなるための行動を取れる選手になってもらいたいと思いますし、またサッカーを通して学んでもらいたいと思っています。

東川口FCは、サッカーのレベルアップはもちろんのこと、サッカーを通して『自立』した選手を育成していきたいと考えています。そのためには、チーム、家庭の連携は必須です。力を合わせて育成していければと思います。

チームでは『自立』にむけた働きかけを行っていきますのでみなさんもご協力お願いいたします。

まずは、サッカーを大好きな選手に!!
次には、一つ一つこだわれる選手になってもらいたいです。


 

2013年5月21日 11時07分00秒 (Tue)

全日本予選を終えて

先日の日曜日、南部大会でのレッズ戦に敗退して今年度の全日本
少年サッカー大会が終了しました。

選手たちは、本当に精一杯戦ったと思います。
試合終了後には、さまざまな方からコメントをいただき、多くの
つながりに感謝の気持ちでいっぱいです。

『東川口FCファミリー』という観点からみるともっともっと公式戦
がみなさんの楽しみになっていくと良いな〜と感じました。多くの
ファミリーの方に足を運んでもらえるような魅力あるチームにして
いきたいと思います。

大宮アルディージャの選手たちは学年を越えて素晴らしい応援をし
ていました。本当に、チームが大好きなんだろうな〜と感じます。

新人戦の際も、江南南、レジスタなどほかにもやはり強いチームに
はチームに対する誇りといいますか、チーム愛といいますか選手、
スタッフ、保護者、チームの一体感がすごいな〜と感じます。

他にも、いつも一緒に活動している安行FCのスタッフ、選手はこの
大会の空気を感じ、サッカーを観戦に来ていました。

東川口FCは、大所帯で学年の交流があまり多くはないですが、でも
このチームのらしさを学年という壁を越えて作っていきたいと感じ
ています。自分もできるだけほかの学年の試合を観戦に行ったり、
TRに参加したり、新しい企画をしたりと少しでも力になりたいと
思います。みんなが『東川口FC』というクラブに誇りをもってサッ
カーしていけるようなチーム作りをしていきたいと思います。

今大会を終えて、その思いはなお強くなりました。

そして、多くのファミリーのみなさんと感動を分かち合えるように
また頑張っていきたいと思います。

今後とも東川口FCをよろしくお願いいたします。


2013年4月18日 9時23分51秒 (Thu)

鳩ヶ谷スポーツセンター U-8

鳩ヶ谷スポーツセンターは、園児から小学2年生までのクラスです。
昨年度は9人での活動でしたが、多くの選手がカテゴリーが上がり、今は3人での練習です。

一人はこのクラブ唯一の女の子で、男の子に負けずに一生懸命プレーしています!!

体育館なので、イレギュラーもなくスムーズなプレーができるところが良いと思っています。
あと、雨での中止もないのが良いですね!!


選手たちの笑顔を大切に練習をしています。


鳩スポ周辺で興味がありましたら一度参加して下さい。